ワークライフバランス 宣言企業→認定企業→表彰企業への道のり


スポンサーリンクAD1


ひょうご仕事と生活センターでは、様々な形でワークライフバランスの実現へのお手伝いをされています。
その中でも、中心となるのが「ワークライフバランス 表彰企業への道のり」です(勝手に決めました)。

まずは「宣言企業」として、ワークライフバランスに取り組むということを宣言します。

そして、一定の条件を達成すると「認定企業」にされます。

さららに、ハードルを超えて、審査員の先生方にお墨付きを頂くと、晴れて「表彰企業」に選ばれます。

まずは宣言企業を目指すために、社内に向けてお願いをしました。


【2017.5.12 もわもわ】

●「ワークライフバランス」の推進について
従業員がそれぞれの環境や意思に応じた働き方を提供することで「仕事」と「生活」の調和を図り、「生産性の向上」「企業イメージの向上」「優秀な人材の継続的確保」を目指します。
「ワークライフバランス」の推進は福利厚生策や女性のための施策ではありません。少子高齢化・競争激化社会を迎えるにあたって、人材の採用・教育・組織の活性化を図るため、一人一人の能力を発揮できる組織風土の醸成と個人の意識改革、適切なリーダーシップが必要です。また、個人の能力向上、柔軟な組織体制は災害対応にも必要不可欠なものです。

FMゲンキは4月25日付で「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業宣言を実施しました。

●今後の取り組み
「BCPの策定」「ワークライフバランスの推進」「セクハラ・パワハラの防止」を三位一体で実施。
(ワークライフバランス・セクハラパワハラ関連)
・ 自己診断の実施(5月中)社員の有休取得率が必要です。教えてください。

・ 従業員意識調査の実施(5月~6月)
正社員、パート社員に対して、意識調査を実施します。
「勤務形態」「キャリア形成」「評価・待遇」「職場の意識」の4指針。
→ 意識調査結果をもとに、「ひょうご仕事と生活センター」が分析してくれます(無料)。

あわせて、「セクハラ、パワハラアンケート」の実施(全員対象)

・ アクションプラン作成に向けた相談員からのアドバイス

・ ワークライフバランス実現のための目標数値の設定

・ 研修の実施(講師を無料派遣してもらえる)
仕事と育児、仕事と介護、コミュニケーション、ビジョン構築、時間管理、業務の標準化等

・ キーパーソン養成講座への参加

・ 認定企業、表彰企業を目指す(?)

Follow me!