第88回 放送番組審議機関 審議会議事録


スポンサーリンクAD1


第88回番組審議事録(20200125)公開用

「株式会社 姫路シティFM21」

第88回  放送番組審議機関  審議会議事録

 

1. 開催日時    令和2年1月25日(土曜日)  午後1時30分~午後2時30分

 

2. 開催場所    イーグレひめじ地下2階 ミーティングルーム

 

3. 出席状況

                      1)委員総数    6名

                      2)出席委員数  5名

                      3)出席委員の氏名(敬称略、 順不同)

岩田 稔恵       大谷  昭仁      大野 幸一       衣笠 愛之

吉田 善太郎

                     4)欠席委員の氏名(敬称略、 順不同)

             岸田 直美

                      5)会社側出席者氏名

                                  鯉塚 晃好       (専務取締役 放送局長)

                                  田川 彰           (常務取締役 営業部長)

 

4.議題

1)事務局説明

           ・ 放送局長 挨拶

           ・ 審議会会長 挨拶

 

2)資料説明

           ① 令和元年12月~1月の取り組みについて

           ② 令和2年2月以降の取り組みについて

 

3)試聴

  • 緊急割込み放送訓練

            ・放送日時 1月17日(金)09:30~09:35

            阪神淡路大震災発生日に合わせて、緊急割込み放送訓練を実施しました。危機管理室

            からの割込み放送の模様をお聞きいただきます。

 

  • 世界遺産姫路城マラソン2020関連番組「自治会が取り組み沿道応援」

            ・放送日時 1月18日(土)12:00~13:00より抜粋

         マラソン開催にむけ沿道応援に取り組む各自治会・関連団体を取材しました。

 

4)意見交換

(マラソン番組について)

委員                マラソン開催中は実況中継をするのか?

局長                    スタジオから交通情報を中心に放送する。

委員                渋滞はどのぐらい発生しているのか?

委員                それほど渋滞は発生しないのではないか?

委員                渋滞の発生はあまり聞かない。主要な交差点にはガードマンが立ち、交通整理

                      を行っている。

委員                啓発看板も多くたっているため、周知されているのではないか。

委員                夢前町の夢ブースには何人来るのか?

局長                3名である。スタッフも6回目で慣れてきているようだ。

 

(緊急割り込み放送について)

局長                緊急時は放送局長または常務が緊急出勤することになっているが、到着するま

                      では暗証番号で割り込み放送を行うことになっている。先日早朝に暴風波浪警

                      報が発表された際にも割り込み放送を行った。先日LPガス協会と協定を結んだ。

                      近畿圏内のコミュニティFM各局とは応援協定を結んでいる。

委員                南海トラフも迫っているといわれるが、姫路城マラソンの炊き出し等も防災訓練

                      の一環と考えている。災害時はリーダーが重要。普段からの備えが必要。

委員                訓練は食材が用意されているが、災害時は食材を集める必要がある。備蓄につ

                      いては、地区ごとにばらつきがあるようなので懸念している。

(その他)

局長                早朝番組の時間変更を検討している。現在、7時開始・6時出社だが、公共交通

                      機関で通える対象地域が限定されているため、人の確保が難しくなっている。

委員                災害時は別途対応するのか?

局長                割り込み放送等で対応する。

委員長             朝は準備で忙しいので、ラジオを聴いている人はいないのではないか。

委員                AIで何とかならないのか?

局長                AIにアナウンスをさせるためには、相応の原稿を作成する必要がある。

委員                放送の継続が必要。人材確保は重要である。

委員                コンビニエンスストアですら24時間をやめるという議論になっている。

委員                継続性のある体制を作っていかないと仕方がないのではないか。若い人たちに

                      無茶な負担をかけてはいけない。

 

【事業報告等に関しての意見】

午後2時30分、以上の報告・討議・検討を終了し、 閉会した。

公表年月日      令和2年1月28日

公表内容          審議の概要

公表方法     事務所据え置き、ホームページ(https://fmgenki.jp)

自社放送内「FMゲンキからのお知らせ(令和2年2月2日午後5時10分)」

以上

Follow me!