スポンサーリンクAD1


FMゲンキでは防災力の向上を目指して、防災士・ひょうご防災リーダー・応急手当普及員の資格取得を奨励しています。また、コミュニティ放送局の運営に必要な無線資格についても安定的な体制を維持するために、資格取得を奨励しています。
これまでにも多くのスタッフが養成講座等に参加し、資格を取得してきました。

防災士とは?

防災士とは、”自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、 そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災士機構が認証した人です。

ひょうご防災リーダーとは?

地域コミュニティの自主防災組織におけるリーダーとしての役割を果たせる人材として所定のカリキュラムを履修したうえで兵庫県知事より認定された人です。

応急手当普及員とは?

事業所の従業員や防災組織等の構成員に対して人工呼吸・胸骨圧迫等、応急手当の指導・普及を行うために消防局より認定された人です。

資格者のご紹介

杉山ひろこ(Hiroko Sugiyama)

●ひょうご防災リーダー
●防災士
●姫路市応急手当普及員
●第2級陸上特殊無線技士

津雲あおい(Aoi Tsukumo)

●ひょうご防災リーダー
●防災士
●姫路市応急手当普及員
●第2級陸上特殊無線技士

藤澤純子(Junko Fujisawa)

●ひょうご防災リーダー
●防災士

 

上田美絵(Mie Ueda)

●ひょうご防災リーダー
●防災士

 


防災パーソナリティ・社員の取得状況(2019年10月現在)

  • ひょうご防災リーダー(杉山、津雲、藤澤、上田ほか) 計5名
  • 防災士(杉山、津雲、藤澤、上田ほか) 計5名
  • 姫路市応急手当普及員(杉山、津雲ほか) 計6名
  • 第2級陸上特殊無線技士(杉山、津雲ほか) 計7名