HOME > FMゲンキ聴きかたガイド > ラジオで聴く

ラジオでFMゲンキを聴く

ラジオの特徴は「手軽さ」と「災害に強い」こと。携帯ラジオなら、乾電池だけで何十時間も聴くことができるので、万が一の際の情報入手手段として活用できます。

FMゲンキを聴いてみよう!

Messenger_5840702693180493863_13925320370892008 (1).jpgFMゲンキはラジオ放送局。姫路市内を中心に、79.3MHzの電波に乗せてお届けしています。

カーラジオなら東は加古川駅付近、西は相生駅付近、北は播但道市川ランプ付近までお聴きいただけます。

ラジオは仕組みもシンプルだから壊れにくく、乾電池などで長時間聴けるのも大きな特徴。だから普段はもちろん、災害時でも情報入手手段として有効に活用できるメディアなのです。


1.FM付ラジオを準備しましょう

FMゲンキはその名の通り「FM」と呼ばれる種類の電波で放送しています。
手元にあるラジオに「FM」と書いてあれば大丈夫。
お手持ちのラジオ、携帯ラジオ、カーラジオを利用できます。
最近では、携帯電話にFMラジオがついたものもありますよ。

2.FMゲンキにあわせてみましょう

  1. 切替スイッチを「 FM 」にします。
  2. 周波数を「79.3MHz」にあわせます。ぐるぐるダイヤルを回すタイプならば、80のあたりから少し左に回しましょう。
  3. 聴こえましたか??

ラジオ付属のアンテナを伸ばしてみましょう

s-nobasu[1].jpgラジオに付属しているアンテナを伸ばすと、より電波を受けやすくなります。
また、アンテナの角度、方向もいろいろと工夫してみてください。

また、ほとんどの携帯ラジオは、イヤホンのコードがアンテナになっています。FMを受信するときは、しっかり伸ばしておきましょう。



窓際に移動しましょう

s-P3031564.jpgラジオを持って、電波の強いところに移動してみましょう。山や建物のかげ、室内などでは電波が弱くなります。
見通しのよいところ、窓際などにラジオを移動してみましょう。
ほんの数センチ移動しても、よく受信できるところとそうでないところがあります。



FM受信用アンテナを設置しましょう

アンテナ.jpgテレビを良好に受信するためにアンテナを設置するのは常識ですが、これはFMの受信にも有効な場合があります。
また、集合住宅などで室内にアンテナ端子がある場合にはこの端子から受信機につないでみてください。

なお、FMアンテナの購入については電器店の方によくご相談ください。


ケーブルテレビを利用して聴いてみましょう

hekimen2[1].jpgWINK(姫路ケーブルテレビ)またはCATVゆめさき(夢前町)を利用されている方は、ケーブルテレビの配線を利用して、FMゲンキを聞くことが出来ます。接続方法をご紹介しています。

詳しくはこちらをクリックしてください