HOME > 運営会社のご案内(株式会社姫路シティFM21)

株式会社姫路シティFM21

FMゲンキは、「市民をゲンキに!街をゲンキに!」を合言葉に、平成13年(2001年)8月1日に誕生した、姫路発のコミュニティFMラジオ局です。

FMゲンキは、従来の広域・県域放送局では扱えない地域の情報をリアルタイムに発信。 毎日の暮らしを応援する生活情報、地域の経済、文化の活性化、そして災害などの緊急情報をいち早く、的確に発信することのメディアとして誕生しました。

これからも、「わがまちの放送局」として、皆様の生活に大いに貢献していきます。

FMゲンキの開局目的

高度情報化社会やIT革命と言われる現在、私たちはテレビ、ラジオ、インターネットなどを通して全国的、世界的規模の情報をいつでも、どこでも手に入れることが出来るようになりましたが、その一方で、市民が「安全で安心して」、「快適に」暮らすための、きめ細かな地域に密着した情報は少ないのが現状です。

そのことを再認識させられたのが、阪神・淡路大震災です。

情報が混乱するなか、ラジオ放送が住民の情報源として大きな役割を果たしました。
しかし、通常のラジオ放送は広い地域をエリアとする県域放送のため、地域の住民が本当に知りたいきめ細かな情報が不足していたのも事実です。

そこで注目されたのが、平成4年に制度化されていた「コミュニティFM放送」でした。

これは「一つの市町村を単位として」地域に密着した生活情報、商業・経済情報、文化情報などを提供し、市民生活の利便性の向上、地域経済の活性化、地域文化の振興に寄与することはもとより、災害時や災害のおそれのある時に、必要な情報を迅速、かつ、一斉に伝達することのできる災害・防災メディアとして、有効な役割を果たすことが期待されているものです。

このことから、コミュニティFM放送の特質を十分に活かし、「安全で安心して快適に暮らせる心かよう交流都市・姫路」を築くため、市民が求める多様な地域情報や緊急時の情報を発信する「中核市・姫路の放送局」を目指します。