4つの運営コンセプト「市民参加」

FMゲンキは聴くだけのラジオ局ではありません。姫路市民の皆さんが、様々なかたちで参加できる放送局です。

GENKIラジオクラブ(市民ボランティアサークル)

開局以来、市民ボランティアサークルとして「GENKIラジオクラブ」を運営しています。「ラジオが好き」「FMゲンキのお手伝いをしてみたい」という方にご参加いただき、番組制作のお手伝いやイベント補助などを行っていただいています。

内容の企画からアナウンス、ミキシングまで会員が主体的に行なう番組もあります。年に2回程度、会員同士の交流を深めると共にアナウンス技術などのレベルアップを目指すGENKIラジオクラブ交流会を開催しています。GENKIラジオクラブは入会金・年会費ともに一切無料です。

GENKIラジオクラブについての詳しい説明はこちら

姫路市民総出演計画実施中!!

「姫路市民総出演」を合言葉に、姫路市民の皆さんが何らかの形で1回はFMゲンキに出演いただくことが出来るような番組作りに取り組んでいます。

小学4年生は「10才!2分のおとな団」。中学生・高校生・大学生は「いちばん星」。そして年代を問わず出演いただいてイベントや活動のPRをしていただける「飛び出せ!まちの元気人」「夕方ゲストコーナー」「街角トピックス」など、あらゆる年代が様々な話題でラジオ番組に出演いただくことができます。

パーソナリティ養成講座開講中!

「地元の情報を地元の声で」。FMゲンキでは開局以来地元パーソナリティの発掘育成に取り組んでいます。開局当初はほとんどの時間帯において在阪プロダクションなどに所属するパーソナリティでしたが、現在は自社制作番組時間の半分以上が地元パーソナリティ担当となっています。

しかしリスナーのみなさんにとっては、パーソナリティが地元か地元外かということ以上に、番組そのものがおもしろいか否かということのほうが重要なのは言うまでもありません。パーソナリティ同士が競争関係の中で切磋琢磨しながら、市民の皆さんのためにより良い番組をお届けすることが大切だと考えています。

パーソナリティ養成講座についての詳しい説明はこちら

ディレクターは地元から採用・育成しています

パーソナリティとともにラジオ番組を制作するディレクターは、地元から採用・育成しています。未経験でもやる気があればOK。多くのディレクターが活躍しています。