HOME > FMゲンキの防災・災害緊急放送 > 災害に備えて > Jアラート・緊急放送装置

災害に備えた取り組み

FMゲンキでは災害の発生にそなえて、万が一のために多角的・多面的な取り組みを行っています。

全国瞬時警報システム(Jアラート)を導入しています

j-アラート.jpg2014年より、「全国瞬時警報システム(Jアラート)」に対応しました。緊急地震速報や津波警報などの情報を、自動的に放送します。

Jアラートは緊急情報を迅速に放送するため、生放送・録音放送・CMなどの種類を問わず、優先的に放送します。ただし、システムの都合上、自社制作番組放送中以外の時間帯では、インターネットからの放送は行いません。また、インターネット放送では、数十秒~数分の時間の遅れがあります。ご了承ください。

2015年10月26日より、「緊急地震速報」「津波予報(大津波警報・津波警報・津波注意報)」「震度速報」については、日本語に加えて英語でもお伝えします。


防災センターに緊急放送装置を設置しています

FMゲンキは、姫路市消防局と防災に関する協定を結んでいます。

深夜や夜間に災害が発生した場合は、消防局に設置された緊急放送装置を利用して、情報を発信します。 緊急放送装置を設置しています。

kinkyu25B15D.jpg姫路市消防局(防災センター)には、「緊急放送装置」が設置されています。

この装置は、深夜や早朝など、FMゲンキが生放送を行っていない場合に大規模な災害が発生した場合に、FMゲンキの管理のもと、消防局から直接市民のみなさんに防災情報を放送するためのものです。


kinkyu35B15D.jpg消防局とFMゲンキでは、定期的にこの装置の操作・放送訓練を行っています。 この日は、山崎断層で地震が起きたと想定して、訓練が行われました。

FMゲンキが音楽番組を放送している午前9時20分ごろ、消防局内から職員が震度情報や津波被害が予想されることなどを、約5分間放送し、災害時の初動広報体制を確認しました。


kinkyu15B15D.jpg実際の災害時には、FMゲンキの放送体制が整うまで、消防局からの情報を繰り返し放送する予定になっています。

万一の際は、FMゲンキ 79.3MHzをお聴きくださるようお願いします。


FMゲンキでは防災関連情報をインターネットからも配信しています。