HOME | FMゲンキの防災放送と災害対策

災害時などの情報発信について

FMゲンキでは、次のような状況が発生した場合、通常の番組を中断・中止して、防災関連情報を放送しますので、あらかじめご了承下さい。

気象警報が発表された場合

(被害が発生したり発生の恐れがあるとき)

通常の番組を一時中断し、気象情報や交通情報等を放送します(30分~60分間隔)。
ただし、台風の上陸が予想される場合や被害発生・拡大の場合は、通常番組を中止することがあります(特に夜間・早朝)。

避難準備高齢者等避難・避難勧告・避難指示(緊急)が発表された場合

通常の番組をすべて中止し、防災情報を放送します。
緊急時や重要な情報がある場合は連続して放送します。
情報発信以外の時間はBGMまたは啓発情報を放送します。

震度4の地震が発生した場合

(被害が発生したり発生の恐れがあるとき)

通常の番組を一時中断し、被害状況が確認できるまで防災情報を放送します。

震度5弱以上の地震が発生した場合

通常の番組をすべて中止し、防災情報を放送します。

  • いずれの場合も、被害が発生・拡大する場合は通常放送の中止を継続します。ただし、状況が落ち着き被害拡大の恐れが減少した場合は、通常番組を再開するなど、臨機応変に対応します。
  • 原則として、中断・中止した番組の再放送は行いません。
  • アナウンスはパーソナリティ(防災・一般)のほか、制作スタッフや社員が担当する場合もあります。

その他、姫路市民の皆さんへの緊急情報がある場合

通常の番組を中断し、緊急情報を放送します。

  • 過去に「ガソリンが混入した灯油を販売した事案」について、当該日時に購入した灯油を使用せず、販売店に連絡をするように、緊急放送を行いました。

| 1 |

Last updated 2017-05-01